ニーチェとアドラー①価値観とは何か?失ったらどうなるのか?

    今日のテーマ

    価値観とは何か?

    ニーチェの哲学とアドラー心理学

    今日から3回に分けてこのテーマを追います。

    第1回 価値観
    第2回 ニヒリズム
    第3回 ルサンチマンと劣等感

    価値観とは、どんな物事に価値を感じるのか?という、『ものの見方』です。

    ものの見方は人それぞれですから、価値があると感じる物事も、人それぞれ違います。

    価値観は充実した人生を送る為に必要です。

    みんなが共通して持つ価値観とは何か?
    失われるとヤバい価値観とは何か?
    価値観が失われたらどうなるのか?

    こんなふうに深掘りしていきます。

    今日の結論

    信じられる価値観を失うと
    生きる目標も失う

    目次

    価値観は人それぞれ

    今日のテーマはニーチェの哲学よ。
    長くなるから3回に分けて話すわね。

    ニーチェ?
    今まではアドラー心理学をベースに話して来なかったか?

    そうね。私はニーチェとアドラーの哲学は、とても似ていると思うの。

    そして、今日から3回に分けてまで伝えたいのは、こんなテーマなのよ。

    「人生を前向きに生きる方法」

    アドラー心理学でも語れるけど、このテーマならニーチェ先生に登場してもらう方が学びも多いと思ったの。

    ふむ。「神は死んだ」で有名なニーチェだよな。

    名言もたくさん残してるし、ちょっと興味あるんだぜ。

    それなら良かったわ。伝えたい内容を先に示すわね。

    現代社会を生きる上で、絶対に知っておくべき3つの概念を伝えるわ。

    ありふれた言葉だけど、そもそも『価値観』って何だろう?

    現代人が前向きに生きることを邪魔する、神なき世界の『絶望』ってどんなものだろう?

    現代人の精神を蝕んでいる、足を引っ張ってまで勝ちたいと願う心理とは?


    これらは小難しい哲学的な知識じゃなくて、本当に毎日の生活に影響を与えているものよ。

    私にも、魔理沙にもね。

    私もか? 私が前向きに生きてないって言いたいのか?

    まぁ、そのあたりは話の後に自分で考えてみて欲しいわ。

    とりあえず今日は『価値観』というものへの理解を深めてもらうわね。

    created by Rinker
    ¥1,188 (2024/04/12 13:33:27時点 Amazon調べ-詳細)

    価値観とは何か?

    まず最初に言っておくわね。

    今日から話す内容はニーチェの哲学だから、宗教に対して否定的な言葉も出てくるわ。

    だけど、神様が救ってくれることを信じて、誠実に生きようとする人を否定する気持ちは全く無いの。

    何を信じて生きるかなんて、その人の勝手だからね。

    他人の生き方に、偉そうに口出しする気は無いってことか?

    口出しはしようと思ってるわ。
    ニーチェのようにね。

    でもそれは、自分の人生に価値を感じられなくなった人が対象よ。

    自分が何のために生きているのか、わからなくなってしまった人。

    つまり『信じられる価値観』を、失ってしまった人へのアドバイスよ。

    信じられる価値観を失った人‥‥
    そもそも『価値観』って何なんだ?

    価値観をざっくり説明すると、こうなるでしょうね。

    何を「良い」と思って、
    何を「悪い」と思うのか?

    ・・・

    「良い人生とはどんなものですか?」

    こんな質問をされたら、人によって答えは違うわよね?

    だろうな。10人いたら10通りの答えが返ってきそうだぜ。

    『良い人生』なんて、質問がアバウト過ぎるぜ。

    金持ちになる人生
    他人に優しくする人生
    賢くてみんなに尊敬される人生


    良いと思う人生は人それぞれね。みんな違う物に『価値』を見出しながら生きているわ。

    何を『良い』と思うか。

    つまり、何に対して『価値がある』と思えるか‥‥

    そう。それが価値観よ。

    created by Rinker
    ¥1,030 (2024/04/12 17:07:13時点 Amazon調べ-詳細)

    価値観が崩れると無気力になる

    魔理沙も、何かしらの価値観を持って生きてるはずよ。

    そうだな‥‥

    私の場合は、結婚して、子供を作って、家族みんなで健康に生きる人生に価値を感じるぜ。

    なるほどね。幸せそうな人生だわ。

    何か間違ってるか?

    いえ、価値観に正しいとか間違ってるとかは無いのよ。

    魔理沙がその価値観を大切にして、前向きに充実して生きているなら、問題なんて何も無いわ。

    でも少しだけ想像してみましょうよ。

    その価値観が崩れてしまった時、魔理沙はどうなるのか?

    価値観が崩れる?

    結婚相手が浮気ばかりする
    子供が言うことを聞かない
    家庭内の問題が絶えない


    幸せな結婚生活を夢見ても、そんな状況が続いてしまったら、

    魔理沙の価値観は揺らいできちゃうかも知れないわね。

    そうかもな‥‥‥

    そんな状況にならないように頑張るだろうが、どうにもならなかったら、

    結婚に価値を感じ続けるのは、難しいかもしれないな‥‥

    価値観が崩れるとはそういう事よ。

    価値があると思って追い求めてたけど、本当に価値なんてあるのか?

    こんな疑いを持ってしまう状態ね。

    悲しくなったり、目標を失ったり、絶望したりするでしょうね。

    そうだな‥‥
    結婚したら幸せになれるって、強烈に思って生きてきた人が、そうじゃない現実に直面したら‥‥

    生きる目標を失ってしまう。

    絶望感が、前向きに生きる活力を奪って、無気力な状態を作り出す。

    ・・・

    昔の人は、今よりずっと、わかりやすい価値観で生きていられたのよ。

    ・結婚したら幸せになれる
    ・マイホームを建てたら安心できる
    ・一流企業に就職したら一生安泰
    ・男が働きに出て、女が家を守る

    ・若いうちは給料が少なくても、我慢して働き続ければ年収が上がる‥‥

    それはわかるぜ。多くの人が、同じような価値観を持ってたって事だな?

    そうなの。みんなが同じような価値観を持っていて、それを目標にして、余計な事は考えずに頑張れた。

    つらく苦しくても、価値のある人生を送っている充実感があった。

    うん。わかるぜ。
    でも今は状況が変わってきたよな。

    その通りね。

    離婚率は30%を超えたし、マイホームは資産ではなく負債だと主張する本もベストセラーになった。

    一流企業はバタバタと倒産し、年功序列の制度も過去の話ね。

    いまどき「女は家を守れ」なんて言ったら、SNSで袋叩きに遭うわね。

    昔は「良い」と思われてたのにな。
    ことごとく崩れ去ったよな。

    そして、最も重要な価値観も崩れ去りつつあるのよ。

    ん?? 何だよそれ。

    道徳よ。道徳的な価値観。

    答えだけ先に聞いてもわからないから順を追って説明するわね。

    created by Rinker
    ¥733 (2024/04/12 23:20:08時点 Amazon調べ-詳細)

    道徳が崩れたらヤバい

    崩れたら一番ヤバい価値観って、どんなのが思いつく?

    そりゃあ「人殺しは悪い」っていう価値観だろ。

    この価値観が崩れてしまったら、怖くて外を歩けないぜ。

    たしかにそうね。
    じゃあ その価値観を、もう少し掘り下げて考えてみるわよ。

    人殺しは悪いという価値観の元になっているのは、『道徳』と呼ばれるものじゃないかしら?

    道徳‥‥?

    ・他人を傷つけてはダメ
    ・他人の物を奪ってはダメ
    ・富を独り占めしちゃいけない
    ・困ってる人がいたら助けなさい
    ・嘘をついてはいけない


    例を挙げだしたら切りが無いわね。

    そんな感じの、みんなが安心して暮らすための社会のルールが道徳よ。

    人殺しは悪いという価値観は、この道徳から生まれたと思わない?

    そうかもな。
    殺されることへの恐怖心から生まれたって見方も出来るだろうけど。

    それもあるわね。
    殺されるのが怖いから、人殺しを憎むという心理もたしかにあるわ。

    でも、そんな心理もひっくるめて、道徳というルールを決定づけた親玉が誰なのかわかる?

    ???

    神様よ。
    宗教が道徳を作り上げたの。

    もう少し具体的に言えば、キリスト教が道徳の元になった。

    えーそうなのかな?

    道徳って、人間が当たり前に持ってるものじゃないのか?

    他人を傷つけちゃダメっていう考えは普通だと思うし、キリスト教から学んだ覚えは無いんだぜ‥‥

    人殺しは極端な例だからね。

    死ぬのは誰だって怖いから、他人を傷つけちゃダメっていう考えは自然と生まれるでしょうね。

    もう少し視野を広げて、いろんな『道徳』を考えてみたらわかるわよ。

    たとえばお金に関する道徳ね。

    お金の道徳に神様が関係してるのか?

    とても大きく関係しているわ。

    魔理沙は、金儲けとボランティア活動、どっちが良い行いだと思う?

    それはボランティア活動だな。

    どうしてそう思うのかしら?

    どうしてって‥‥ うーん‥‥

    金儲けって、自分のことしか考えてないイメージがあるぜ。

    ボランティア活動は他人のための行動だから偉いと思うんだ。

    なるほどね。

    自分のために行動するより、他人のために行動する方が偉い

    そういう価値観ね?

    そうだな。自分より他人を大事に出来る人って、素直に偉いと思うぜ。

    なるほどね。ここで構造をわかりやすくする為に、強者と弱者に分けて考えてみるわよ。

    お金で考えるなら、金持ちが強者で、貧しい人が弱者ね。

    身体的なことで考えるなら、健康な人が強者で、病気の人が弱者になるわ。

    魔理沙が言ってる、その大事にすべき他人って、自分より弱い『弱者』じゃないかしら?

    ‥‥まぁたしかに、私より金持ちだったり、健康だったりしたら援助しようとは思わないな。

    私が助けないといけないのは、私より困ってる人だぜ。

    魔理沙は強者に対して、自己中心的な悪いイメージを持っている。

    そして『弱者が救われるストーリー』に価値を感じている。

    これはキリスト教的な価値観だわ。

    弱者が救われるストーリー ‥‥

    言われてみれば、そんな道徳的な価値観を、親からも先生からも教えられた気がするぜ。

    強者・弱者で考えるなら、「強者を目指せ!」って言われるより、

    「困ってる人がいたら助けなさい」って教えられることの方が多かったな。

    キリスト教が道徳を生んで、その道徳が人々の価値観を作った。

    この流れを詳しく追っていくわよ。

    created by Rinker
    ¥770 (2024/04/12 17:07:14時点 Amazon調べ-詳細)

    弱者を救ったイエス・キリスト

    キリスト教の神様であるイエス・キリストは『弱者の味方』だったわ。

    医者にかかれないような貧しい病人を、国中を回って治療したし、

    空腹にあえぐ者にはパンを与えて、神に救われる道を説いた。

    今から二千年くらい前の話ね。

    ちょっと想像できないほど昔の話だけど、弱者を救った事はわかるぜ。

    当時の価値観は、今とはまったく違っていたのよ。

    キリスト教の元になったのはユダヤ教なんだけど、

    当時のユダヤ教の価値観では、弱者は『罪人』として見られていたの。

    貧しいのも病気になるのも、神への信仰が足りないせいだって考えられていたからね。

    弱者は罪人として差別もされていた。

    それってひどくないか?

    「信仰が足りないお前らが悪い」って言われちゃったら、貧しい人や病人はどうしたらいいんだよ‥‥

    逃げ道が無いわよね。

    「もっと神を信仰しろ」って言われても、ユダヤ教の戒律はとても厳しい。

    食べる物も制限されるし、週に1日、何もしてはいけない『安息日』と呼ばれる日もある。

    今日、食べる物にも困る人が、そんなの守っていられないわよね。

    そうだな。
    神様に頼ってる場合じゃないよな。

    弱者にとっては、とても生きづらい世の中だった‥‥

    そんな時にイエスは現れたのよ。

    弱者を救う者だな。

    そう。救われない弱者の、絶望の中に生まれたヒーローね。

    イエス・キリストって、最初から神様ではなかったんだな。

    元々はユダヤ教の信者よ。

    弱者が苦しむ様子を見かねて、安息日でも病人を治療したり、

    ユダヤ教徒を批判したりしたから磔の刑にされてしまったの。

    そして その3日後に生き返って、多くの弟子たちの前に姿を現したのよ。

    いかにも宗教って感じの話だな。

    まぁね。
    イエスがまだ生きている時、出来の悪い12人の弟子たちがいたのよ。

    その出来の悪い弟子たちは、イエスの死と復活をきっかけにして、人格が変わったわ。

    イエスこそが『救世主』だと信じられるようになった。

    キリスト教は、ここから始まったの。

    ふむ。
    イエスの教えを、改心した12人の弟子たちが広めていったって感じか?

    その通り。イエスの教えを『聖書』として書き残していったのよ。

    created by Rinker
    ¥1,188 (2024/04/13 04:58:15時点 Amazon調べ-詳細)

    神様と一緒に道徳も崩れる

    ユダヤ教の一派として初期のキリスト教が生まれて、

    今では世界で一番、信者の多い宗教になったのよ。

    なるほどな。

    そうやって『弱者を救うストーリー』が、道徳として世界中に広まっていったんだな。

    簡単に説明するとそうなるわね。

    キリスト教を国教と定めているような国に比べたら、日本人への影響は弱いでしょうけどね。

    まぁそうだろうな。

    キリスト教が無くても、弱者の側に立つ価値観は生まれたと思うわ。

    でも、それを「強く明確に」人々の心に植え付けたのはキリスト教なの。

    イエスの行いのような、弱者を救うストーリーが、世界中の多くの人の心に道徳として刻み込まれていった。

    長い年月をかけて「誰もが持ってて当然の価値観」に進化していった‥‥

    キリスト教徒じゃない私の心にも、巡り巡って、何かしらの影響を与えているわけだな。

    そういう事ね。

    崩れたらヤバい、道徳的な価値観は、イエスの教えが元になっているわ。

    ・・・言いたくないが・・・

    それ、崩れてきてるんじゃないか?

    お察しの通りよ。
    ニーチェは「神は死んだ」と言った。

    神様の存在を心の底から信じている人は、昔に比べれば激減してるわね。

    イエスが生き返ったって話は、正直言うと信じられないぜ。

    でしょうね。

    自然科学が発達した現代では、神様が起こした奇跡は信じられない。

    解釈の仕方を工夫しないと難しいわ。

    昔なら、道徳を疑う人がいたとしても「神様がそう仰った」の一言で説得できたんだけどね。

    道徳的な価値観が崩れたら、世の中はどうなってしまうんだ?

    弱者が絶望する時代に逆戻りね。

    ・・・

    今日のテーマだった『価値観』の話はここまでよ。

    道徳が崩れた後の話は次回にして、今日の話をまとめるわね。

    created by Rinker
    ¥916 (2024/04/13 04:58:16時点 Amazon調べ-詳細)

    今日のまとめ

    価値観とはどんなものなのか、なんとなく理解できた?

    まぁな。
    どんな物事に価値を感じるのか?
    それが価値観だ。

    価値があると思えるから、手に入れたい、実現したいと思う。

    だから人間は前向きに努力できる。

    大事にしてる価値観って、生きる目標みたいなものだと思ったぜ。

    その通りね。
    目標に向かって進んでいれば、充実した人生を送れるはずね。

    でも現代では、いろんな価値観が崩れてしまったわ。

    崩れたらヤバい道徳的な価値観も、例外じゃなさそうだな。

    そうね。道徳の明確な形は、弱者を救った神様の教えを元に作られた。

    弱者の人生にも価値を与えるのが、道徳的な価値観ね。

    極端に言えば、神様の存在を信じられなくなったら、道徳的な価値観も根拠を失ってしまう。

    弱者の人生は、価値を失う。

    なんかちょっと怖いんだぜ。

    道徳が完全に失われるとは思わないけど、弱者を差別するような世の中に戻っていきそうだ。

    そう、それは現在進行中の話よ。

    「弱者が生きる目標を失う世の中」

    次回はここを掘り下げていくわよ。

    今日の結論

    信じられる価値観を失うと
    生きる目標も失う

    次回に進みます

    劣等感の総まとめ

    嫌われる勇気の徹底解説

    created by Rinker
    ¥1,188 (2024/04/12 13:33:27時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥1,336 (2024/04/12 23:53:24時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    誠文堂新光社
    ¥1,980 (2024/04/12 23:53:25時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥536 (2024/04/12 23:53:26時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥1,600 (2024/04/12 21:08:05時点 Amazon調べ-詳細)
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次