【劣等感を克服する方法】前向きに努力を続けられる考え方とは?

    今日のテーマ

    劣等感を克服する

    多くの人は目標があっても行動に移しません。

    やる前からあきらめてしまって、努力して目標に近づく事から目を背けます。

    やる気が出ない‥‥
    努力しても続かない‥‥

    努力は『始めること』が一番むずかしいです。
    そして、続かないと意味がありません。

    やる気が出ない時はどうするの?
    続けられる努力って、どんな努力?

    こんな疑問に答えるのが今日のテーマです。

    今日の結論

    ▷努力は小さく始める    
     
    ▷他人との勝ち負けより   
      自分の成長に目を向ける

    目次

    劣等感を克服する方法

    さぁ、今日のテーマは超重要よ。
    魔理沙の人生を変えてしまう内容ね。

    ズバリ、劣等感を克服するための、具体的な方法を解説するわ。

    いきなり大きく出たな。

    劣等感の克服って、人生を変えるほど大事なことなのか?

    もちろんよ。人間は、自分より優れた人を意識したら劣等感を感じる。

    意識した瞬間に、必ず感じてしまう。

    スマホを見ててもテレビを見てても、家に引きこもっても逃げられない。

    そんな暗くなるようなこと、言わないでくれよ。

    まぁたしかに世の中を見渡せば、自分より優れた人ばかりだぜ。

    年収も、容姿も、名声も、なにもかも、他人と比べたらきりがない。

    私は気にしてないつもりだけどな。

    劣等感を捨てるのは難しい

    本当に、そう言い切れるかしら?

    「私は私だ」と他人を切り離して、自分だけに意識を向けるのは とても難しいことよ。

    仏教で言うなら、執着を捨てて、悟りを開くようなレベルの話ね。

    そこまで言われると自信ないが‥‥

    他人を意識して、競争ばかりしている自覚はないぜ。

    劣等感の怖いポイントはそこよ。
    無自覚に行動を支配される。

    競争なんて、してないつもりなのに、常に負けを感じさせられて自信を失ってしまう。

    『努力して成長しよう』という力が、いつの間にか削がれてしまうのよ。

    ‥‥つまり何が言いたいんだ?

    ちゃんと劣等感と向き合わないと、成長しない人生になってしまう。

    私が言いたいのはそういう事よ。

    ‥‥ 自分より優れた人ばかり見ていると自信を失ってしまう。

    無自覚に、そうなってしまう。

    自信を失ったら、頑張ろうっていう気持ちも生まれなくなる‥‥

    そうそう、その通り。

    自分より勉強が出来る人ばかり見ていると、自分がバカに思えてくる。

    「自分はバカだ」なんて決めつけてしまったら、勉強を頑張る気持ちなんて生まれないのよ。

    劣等感は、いつの間にか私の心を折ってるのか‥‥

    私たちはスマホやテレビなんかで、たくさんの情報に触れられるわね。

    情報社会は便利なんだけど、私たちの自信をどんどん失わせる。

    そういう構造になっているのよ。

    劣等感を植え付けて、刺激して、モノやサービスを買わせようとする企業の思惑が働いてるからね。

    克服するには努力しかない

    みんな劣等感まみれで生きていて、自信を失いやすいのは分かったぜ。

    今日はそれを、克服する方法を教えてくれるんだよな?

    そうね。結論から言うと、劣等感を克服する方法は『努力』しかないの。

    努力して成長しないと、劣ったままで状況が変わらないからね。

    んん??
    劣等感は自信を奪うから、努力できないって話じゃなかったか?

    たしかに他人に負けてるという感覚は自信を奪い、頑張る気持ちを削ぐ。

    頑張っても無駄だっていう気持ちにつながってしまうわ。

    そうだよな。

    でも、それに負けてしまったら、ずっと現状維持なのよ。

    自信を失って、頑張れない。

    頑張れない自分という、新しい劣等感が生まれてしまう。

    さらに自信を失う・・・

    こんな悪循環に陥ってしまうのよ。

    ふむ‥‥

    この悪い流れを断ち切りたいわよね。

    なんとか努力して成長して『自信』を回復しないといけないの。

    たしかに、何も行動しなかったら自信なんて生まれるはずがないな。

    私達は自信を失う社会で生きていて、自信を回復するには努力が必要‥‥

    でも自信を失ってたら、そもそも努力しようっていうやる気がでない‥‥

    んん?? これじゃダメじゃないか。

    努力しようにも、やる気が出ないんじゃあ話にならないぜ。

    created by Rinker
    ¥663 (2024/04/13 09:11:16時点 Amazon調べ-詳細)

    高い目標はやる気を削ぐ

    劣等感の克服を考えるなら、やる気の問題を解決しないといけないわね。

    どうもそのようだな。
    やる気が出ない時に、やる気を出す方法を教えてくれよ。

    それはね、『小さく始める』というのが大事なのよ。

    小さく始める?

    最近みた映画の中で、ダイエットに苦戦する同僚に、主人公が良い言葉を送ってたわよ。

    「完璧より前進」

    高い目標を目指すより、目の前の小さな『出来ること』をやる。

    努力の本質をついた良い言葉ね。

    完璧より前進‥‥

    完璧を求めると、理想が高くなり過ぎてやる気が起きないって感じか?

    そうね。やる気も起きにくいし、道が長いから途中で挫折しちゃう可能性も高くなるわ。

    「今から5時間、勉強するぞ!」って気を張るよりも、

    「とりあえず30分だけ勉強しよう」の方がやる気出るでしょ?

    10分だけでもいいわよ。

    まぁ、そりゃそうだろうな。

    まずは『始めること』が大事なのよ。

    なんたって、やる気というのは、やってるうちに生まれるものだからね。

    created by Rinker
    Audible
    ¥3,000 (2024/04/13 09:11:17時点 Amazon調べ-詳細)

    始めること・続けることが大事

    なんだそれ?やる気があるからやるんじゃないのか?

    やる気はやってるうちに生まれる?

    みんな誤解してるけど、やる気なんて出ないのが当たり前なのよ。

    よく考えてみて欲しいわ。

    楽しいことや美味しいものなんて、身の回りにいくらでもあるのよ。

    それを我慢して、勉強したりダイエットしたりする。

    どこにやる気が出る要素がある?

    やらなかったら死ぬわけでもないし。

    そりゃ、あこがれの職業に就くとか、理想の体型を手に入れるとか、

    そういう『夢』が、やる気の源になるんじゃないのか?

    それはもちろんそうよ。最初はね。
    夢に向かって頑張ろうと思う。

    でもそれは、何ヵ月とか何年か先に結果が出るような、高い目標よ。

    あぁ‥‥

    さっき私は言ったわね。
    道が長ければ途中で挫折しやすい。

    まずは努力を『始める』ことが大事だけど、その次に大事なのは『続けられるかどうか』なのよ。

    いくら高い目標を掲げたって、努力が続かなかったら意味がないな。

    その通りよ。その為には、やる気を切らしちゃだめよね?

    あーそれそれ。
    さっき言ってたやつが気になるぜ。

    やる気はやってるうちに生まれるって、どういう事だよ?

    『やる気』ってのはね、貯金と同じだと考えるとわかりやすいわよ。

    ???

    私は20代前半のころ、ずーっと貯金できなかったの。

    就職はしてたけど、あればあるだけ使っていたわ。

    それが、やる気と関係あるのか?

    まぁ最後まで聞いてよ。

    ある時、受付から頼まれて、月に2万円の定期預金を組んだのよ。

    そしたら段々と無駄使いが減ったわ。

    そんなのよくある話だぜ。

    たとえ少しずつでも、せっかく貯金できたのなら、それを失いたくないと思って当然だ。

    「もっと増やしたい」っていう気持ちが芽生える可能性も十分あるぜ。

    まさにその通り。そんなふうに考え方が変わったの。

    やる気が生まれる仕組みも、これと似たようなものなのよ。

    例えば英単語を10個覚えようとした時に、とりあえず3個覚えられたら、全く状況が変わって来るわ。

    「30%は進んだな」

    「せっかく始めたんだから、

     もっと進めておきたいな」

    「半分の5個まで、あと2個だから、
     もうちょっと頑張ろうかな」

    ふむ。
    たった3個でも状況は変わるな。

    せっかく進めた分が無駄になるのが勿体ないと感じる。

    もうちょっと、という欲が出てくる。

    まぁ、とりあえず始めた勉強が、意外と長く続いたってのは経験あるな。

    やる前は、やる気なんて出ないと思えばいいわ。

    やってる内に、努力や成長が貯まっていって、それがガソリンとなってエンジンがかかるのよ。

    たしかに貯金と似てるな。

    少ない額でも貯金できたら、その後のモチベーションは変わる。

    やる気もこれと同じか。

    そのとおり。『小さく始める』これが大事なのよ。

    劣等感を克服する3ステップ

    やっと今日のテーマに入れるわ。

    『小さく始める』

    これを実践して、劣等感を克服する方法を教えるわよ。

    劣等感を克服するには、努力するしか方法がないって言ってたよな?

    そう。その努力も、出来なかったり続かなかったりしたら、意味が無いわ。

    だから努力は『小さく始める』

    具体的な3ステップがあるから、ひとつずつ見ていくわね。

    階段をイメージする

    まずはファーストステップよ。

    劣等感は『階段』をイメージするとわかりやすいからやってみましょう。

    これは『努力』『成長』の階段よ。

    努力して階段を上れば成長できて、劣等感を感じる人に近づけるわ。

    成長できれば、それが自信となって、次の段に挑戦する勇気が手に入る。

    なるほど。
    努力には段階があるんだな。

    年収300万円の人が、1000万円の人に劣等感を持ったら、こんな階段になるはずね。

    人間は、「自分は劣っている」と感じたら、このような階段を無自覚に作り出すのよ。

    テストの点数でも同じことね。

    自分が50点で、他人が100点だったらこんな感じよ。

    劣等感を克服するには、努力してこの階段を上らないといけないんだな。

    そう。逃げずに、あきらめずにね。

    現在地を受け入れる

    次のステップはこれよ。
    『自分の現在地を受け入れる』

    自分がどのレベルにいるか把握して、素直に受け入れましょう。

    弱い自分・劣った自分を認めるのよ。

    ???
    階段で説明してくれよ。

    例えば、テストの点数の話だったら、「自分は50点なんだ」と素直に認めることね。

    テストの点数 仕事の成績 年収 貯金 健康 容姿 恋人の有り無し‥‥

    負けてると感じても、逃げずに、強がらずに、その状況を受け入れる。

    これが出来ないと最後のステップには移れないわ。

    わかったぜ。自分が今いる場所を受け入れるんだな。

    最初の一段に集中する

    そして最後のステップよ。
    『最初の一段に集中する』

    これが、今日のテーマでもある『小さく始める』という事になるわ。

    自分の現在地を受け入れて、最初の一段に集中する‥‥

    『小さく始める』っていうのを、階段で説明するとそうなるってことか?

    そういう事ね。点数の階段で確認してみましょうか。

    この階段では、100点の他人に注目してしまってるわね。

    こんな状態で努力しても、100点を取るまで劣等感が続くわ。

    一段目の60点なんて、まったく眼中に無い。

    たしかにそうだな。

    これだと成長したいと思っても、最初の一段目がバカバカしく思えて、行動に移すのが難しいかも。

    ずーっと劣等感が続くから、途中であきらめちゃいそうだぜ。

    だから、まずは現在地である50点を受け入れる。

    そして、その場所から見える、すぐ目の前の一段目に注目するのよ。

    なるほどな。他人から目を離して、目の前の一段目に注目するんだな。

    他人から目を離すのが重要なのよ。

    他人と競争すると、現在地が『負け』になるから、受け入れるのが難しくなってしまうわ。

    他人なんて、ものすごい数がいて、とんでもない人もいるんだから、

    そんな人達と比べてたら目標が高くなりすぎて、やる気も出にくいし、途中で挫折しやすい。

    他人と競争するんじゃなくて、自分の成長に目を向けるんだな。

    その通り。他人との『勝ち負け』ではなく、自分の『成長』に注目する。

    自分より優れている人なんて、世の中にはいくらでもいるのよ。

    他人との競争には終わりが無い。

    自分の現在地を受け入れて、そこを出発点として、一歩でもいいから前に進んで成長しましょう。

    たとえ小さな成長でも、それが次の努力へのエネルギーとなるはずよ。

    今日のまとめ

    今日の話は、努力しないと劣等感を克服できないって内容だったな。

    そうね。スマホやテレビでたくさんの情報に触れると、劣等感を刺激されて、自信を失いやすい。

    前向きに生きるための自信を回復するために、努力して、成長して、劣等感を克服する。

    努力をしなかったり、続かなかったりしたら克服できないから、

    他人と競争せずに、自分のレベルを受け入れて、小さく始める。


    そんな内容だったわね。

    『完璧より前進』なんて、良い言葉も出てきたな。

    映画からの引用だけどね。私はよく思い出すようにしているわ。

    今日のキーワードを振り返って、そろそろ終わりにするわね。

    ・小さく始める   ・完璧より前進
    ・他人と比べない

    ・自分の現在地を受け入れる

    ・目標は低く、細かく

    ・一段目を超えることに集中する

    行動を起こさなかったら、何も変わらないし何も始まらないんだな。

    たとえ小さい努力でも、始めるのが大事だって思ったぜ。

    他人との勝ち負けより、自分の成長に目を向けましょう。

    成長できたら自信が得られて、それが次の成長につながっていくのよ。

    小さくて細かい努力なら、心を折らずに続けられるはずよ。

    今日の結論

    ▷努力は小さく始める    
     
    ▷他人との勝ち負けより   
      自分の成長に目を向ける

    劣等感を理解する

    劣等感を無くしてしまおう!

    嫌われる勇気の徹底解説

    created by Rinker
    ¥1,188 (2024/04/12 13:33:27時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥1,336 (2024/04/12 23:53:24時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    誠文堂新光社
    ¥1,980 (2024/04/12 23:53:25時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥536 (2024/04/12 23:53:26時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥1,600 (2024/04/12 21:08:05時点 Amazon調べ-詳細)
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次