【やる気が出ない人へ】努力→成長→自信→やる気の流れを理解しよう

    今日のテーマ

    やる気への誤解を解く

    やる気は待っていても出てきません。

    何か行動を起こすことで、勝手に生まれてくるのが『やる気』というものです。

    努力から、やる気までつながる流れ

    これが、どういうものか見ていきます。

    目次

    やる気が出ない人へ

    今日は『やる気』というものが、どのように生まれるのか解説するわよ。

    誤解してて、無駄に悩んでる人がたくさんいるからね。

    わたしも悩む時あるぜ。

    すごく努力して、成功した人の話を聞くと、私とは違うな‥‥って。

    やる気が続く人ってすごいんだぜ。

    魔理沙も含めて、多くの人はこう思ってるんじゃないかしら?

    やる気  努力
    やる気があるから、努力できる。

    そうだな、わたしはそう思ってるぜ。

    実はこれ、逆なのよ。
    努力するからやる気が出るの。

    えっ?そうなのか?逆か?

    そう。やる気があるから出来る、というのは間違いよ。

    自分のことを、努力できない、意思の弱い人間だと思ってる人は、この流れを誤解してるだけなの。

    ・・・よくわからないぜ。
    詳しく教えてくれよ。

    もちろんそのつもりよ。

    今日は、この図のような流れで解説していくわ。

    努力・成長・自信・やる気
    この4つが今日のキーワードよ。

    やる気を生むのは『自信』

    そもそも人間は、「出来ない」と思ったらやる気なんて出ないのよ。

    どういう事だ?

    魔理沙は、100mを10秒で走れと言われてやる気が出る?

    バカな質問はやめてくれ。

    私は学生の時16秒もかかったんだ。10秒で走れるはずがないぜ。

    じゃあ15秒だったらどう?

    んー? まぁ、それくらいなら練習する気にもなるかな。

    10秒だったらあきらめて、15秒だったら練習する気になる。

    この違いって、「出来る」と思えるかどうかの違いだと思わない?

    ・・・・・

    10秒なんて無理だって思うから、やる気が出ない。

    15秒なら出来るかもって思うから、やる気が出る。

    そう言いたいのか?

    その通り。勉強でも仕事でも同じね。

    「わたしなら出来そうだ」

    そういう『自信』がないと、やる気なんて出てこないのよ。

    なるほど。よく考えたら当然の話だ。

    無理だと思うことなんて、やってみようとも思わない。

    やる気は自信から生まれるのか。

    「出来そうだ!」という自信が強ければ強いほど、やる気は簡単に生まれてくるのよ。

    ‥‥ 自信ってどうやったら持てるようになるんだ?

    自信が無い人が、自信を持つために必要なのは『成長』よ。

    成長できれば自信がつくわ。

    created by Rinker
    ¥536 (2024/04/12 23:53:26時点 Amazon調べ-詳細)

    自信を生むのは『成長』

    『成長』って、わかりやすく言うと、どんなことなんだ?

    出来なかったことが、出来るようになることよ。

    勉強をしたら、昨日は解けなかった問題が解けるようになる。

    これが成長ね。

    なるほど、これは単純だな。

    出来ることが増えるんだから「私なら出来る」という自信も生まれるな。

    そうそう。出来ない状態から、出来る状態へ変化するのが成長よ。

    大きく変化したり、変化を続けたりすれば、そのうちこんな風に思えるようになるわ。

    「私は、今は出来ないことでも、いずれ出来るようになるんだ」

    あーそれは間違いなく自信だな。

    自分の『可能性』を信じられるようになるのか。

    出来ないことが、出来るようになった

    そんな成功体験を積み重ねることで、自信というのは増していくのよ。

    なるほどな‥‥

    いろんな事にチャレンジ出来る人って、そういう人なのかも知れないな。

    出来るようになる自分の変化を、沢山経験してるから、他のことも出来そうだって思えるんじゃないか?

    その通りね。成長が自信を作って、その自信がやる気を生むの。

    なんとなくわかってきたぜ。

    じゃあ、成長するためには何が必要になるんだ?

    次が最後よ。
    ズバリ『努力』が必要になるわ。

    created by Rinker
    ¥1,188 (2024/04/12 16:06:49時点 Amazon調べ-詳細)

    成長を生むのは『努力』

    『努力』というのは、目標に向かって行動を起こすことよ。

    どんなに小さな努力でも、行動すれば自分の中に『変化』が起きるわ。

    英単語を1個覚えるのも変化だよな。
    出来ないことが出来るようになる。

    そう。行動すれば変化を起こせる。
    その変化が『成長』ね。

    行動しなかったら、当然、自分の中で何も変化が起きない。

    成長もしないし、自信もつかないし、やる気も出ない。

    まぁ言いたい事はわかるぜ。
    何もしなかったら、何も変化しない。

    とにかく行動を起こさなかったら、何も始まらない。

    図の流れのような、良いループには決して入れないぜ。

    成長も自信もやる気も、すべて『努力すること』から始まるのよ。

    それはわかるんだけどなぁ‥‥
    問題の解決になってないんだよなぁ。

    そもそも、このループの起点となる『努力』ってのが始められないから困ってるんだぜ‥‥

    魔理沙の疑問はもっともね。

    そもそも、努力できるんだったら苦労してないって話だわ。

    目標に向かって行動を始めるのが、一番大事ってのは良くわかったから、

    やる気がなくても、努力を始められる方法を教えてくれよ。

    created by Rinker
    ¥990 (2024/04/12 14:38:40時点 Amazon調べ-詳細)

    ハードルを下げて努力を始める

    結論を言う前に確認するわね。
    今日の話は理解できた?

    ひと通りは理解したつもりだぜ。

    やる気は待ってても出てこない

    何か努力をすることで、成長して、それが自信となって、次の努力へのやる気につながる。

    ちょっと抽象的だが、納得できる流れだと思うぜ。

    ありがとう。ちゃんと理解してくれてるわね。

    理解した上で私は疑問を持ったぜ。

    そもそも、その流れの起点となる努力が出来ないから、みんな困ってるんじゃないかってな。

    その疑問に対する答えはこれよ。

    自分の自信に見合ったレベルまで
    目標を下げよう

    ・・・?

    さっき出した、100m走の話を思い出してみて。

    10秒で走るなんて無理だけど、15秒ならやってみようと思えた。

    言い換えれば、10秒で走る自信は無いけど、15秒なら自信がある。

    そういう事よね?

    そうだな。15秒なら、頑張ればなんとかなる気がしたぜ。

    それは魔理沙の『自信』が、15秒で走るレベルだ、ということよ。

    15秒まで目標を下げたから、自信に見合ったレベルの目標になって、行動を起こせるように感じた‥‥

    そっか‥‥ とにかく行動しないと良い流れには乗れないんだから、

    行動を起こそうと思えるレベルまで、ハードルを下げるんだな。

    そう。絶対の正義は、とにかく行動を起こすことよ。

    だから、そのために手段を選んでる場合じゃないの。

    どんなにしょぼくて幼稚な努力でも、やるのとやらないのでは、最終的な結果に天と地ほどの差がついてしまう。

    出来そうと思えるまでハードルを下げて、とにかく行動を起こすんだな。

    そうすれば小さくても成長できる。
    成長できれば自信も生まれて、やる気も出てくる。

    そう。10個が面倒なら1個、1時間が面倒なら5分。

    「やろうかな?」と思えるレベルまでハードルを下げる。

    勉強やスポーツの話じゃなくて、もっと身近なことでも同じよ。

    部屋をすべて掃除するのが面倒くさかったら、とりあえず近くの小さいゴミだけでも捨てる。

    ちょっとでも掃除が進めば、ついでに・・とか、もう少し・・という気持ちが生まれる。

    なんとなく実感できる話だな。

    たしかに、面倒くさがって何もしないより、少しでも状況が改善すれば気分も変わるぜ。

    何もしなかったら、何も変わらない
    待っていても、やる気は出てこない

    とにかく出来そうなことから、行動を始めることが大切なのよ。

    今日のまとめ

    現代を生きる私たちの周りには、手軽に楽しめることが溢れてるわよね。

    スマホを使えば、いつでも、どこでも、欲しい情報を手に入れることが出来るしね。

    そうだな。美味しい食事や、服や家具も、なんでもすぐ手に入るんだぜ。

    そんな誘惑に負けない精神力なんて、無くて当たり前だと思うのよ。

    つらい仕事・勉強・ダイエット‥‥

    頑張ろうと思っても、邪魔するものが多すぎるわ。

    うん、同感だぜ。
    何かしようと思っても、気が散ってしかたないんだよな。

    今の世の中は、何かに集中する、というのがとても難しくなっている。

    そんな状況で、何か努力をしようと思ったら、小さく細かく、目標を低く始めるしかないのよ。

    たくさんの誘惑の隙をついて、コンパクトに努力を始める。

    良い流れにさえ乗ってしまえば、努力を続けられて、理想の自分に近づいていくのよ。

    わかる気がするぜ‥‥

    大きい目標に向かって努力できたら最高だけど、そもそも行動を起こせなかったら意味ないもんな。

    誘惑に負けちゃう自分を受け入れて、小さくても何かを始めないとな‥‥

    何か行動を起こすことが、唯一・絶対・最強の正義だと考えましょう。

    幼稚でも どんなにしょぼくても 情けないほど小さな努力でも

    何もしないより、断然、凄くて偉いことなのよ。

    なるほどな。未来の大きな目標より、目の前の小さなやるべき事の方が大事なんだな。

    そう。とんでもなく大きな目標だって、最初は目の前の小さなことからしか始まらないわ。

    目の前に広がっている『今』が一番大事なのよ。

    劣等感を理解する

    劣等感を無くすという考え方

    嫌われる勇気の徹底解説

    created by Rinker
    ¥1,188 (2024/04/12 13:33:27時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥1,336 (2024/04/12 23:53:24時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    誠文堂新光社
    ¥1,980 (2024/04/12 23:53:25時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥536 (2024/04/12 23:53:26時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥1,600 (2024/04/12 21:08:05時点 Amazon調べ-詳細)
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次