名言集②見ず知らずの他人を叩いても意味はない◇価値低減傾向◇アドラー心理学

     

    今日のテーマ

    SNSにはびこる病

    目次

    有名人のスキャンダル

    おい霊夢。コイツひどくないか?

    有名人でアイドルだったくせに、10年前から不倫してたらしいぞ。

    んん?
    魔理沙と性的な関係を持ってたの?

    バカ、そんなわけないぜ。
    倫理的におかしいだろって話だ。

    真面目なイメージで売ってたくせに、不倫なんてしたら、社会に悪影響を及ぼすに違いないぜ。

    まぁ、そうかも知れないけど‥‥

    魔理沙に実害は無いのよね?

    直接わたしに関係無くったって、許される行為じゃないだろ?

    嫁の気持ちになってみろってんだ。

    ふふ、だいぶお怒りのようね。

    でも御免なさい。

    わたしは完全には同意できないわ。

    なぜだ?
    私はおかしなことは言ってないぜ?

    そうね。理屈は通ってると思うわ。

    でもね‥‥ 動機が不純ね。

    ・・・

    アルフレッド・アドラーの名言を、ここで紹介するわね。

    自分の価値を高める努力をせずに、他人の価値を下げることで、自分の価値を相対的に上げようとする。

    これを「価値低減傾向」という。

    ???
    何を言いたいのか、さっぱりだぜ‥‥

    魔理沙は、有名人に対する劣等感を解消する為に、普段は持たない正義感を持ち出して勝とうとしているわ。

    自覚が有るならいいんだけどね。

    SNSにはびこる病

    ???
    私の怒りは、純粋な正義感からくるものじゃないって言いたいのか?

    そうね‥‥ 残念だけど‥‥

    魔理沙が見ず知らずの他人を気にして、親切にしてるところなんて見たこと無いしね‥‥

    それとこれとは話が別だぜ。
    同志もたくさんいるんだからな。

    同志って‥‥ 
    SNSに書き込みでもしたの?

    おう。たくさんの同意コメントをもらったぜ。

    霊夢には分からなくても、世の中には正義が溢れているんだ。

    不倫なんてよくある話だから、魔理沙の身近にもあるんじゃない?

    そんなスケールの小さい話をしてるんじゃないんだぜ。

    有名人だろうと、身近な例だろうと、被害者の数は同じなんだからね。

    問題のスケールは同じはずだわ。

    ・・・

    人は劣等感を感じると、それに対していろんな行動に出るわ。

    無視したり、自己嫌悪に陥ったり、負けたくないと頑張ったり‥‥

    さっき話した「価値低減傾向」も、劣等感に対する行動の内のひとつね。

    ‥‥わたしが有名人に対して、劣等感を持ってるって言ってたな。

    普段は持ち出さない「正義感」を振りかざすのは、それが有名人に勝てる武器だからよ。

    私とは見た目が比べ物にならない‥‥
    楽しそう‥‥ 幸せそう‥‥
    お金を持ってそう‥‥


    そういった「羨ましい」という気持ちは、裏を返せば「自分はダメだ」という自己嫌悪よ。

    自己嫌悪の状態が続くと、人は相手を恨むようになるわ。

    自分がみじめな気持ちになるのは、アイツがいるせいだってね。

    ‥‥まぁたしかに、好きな有名人ではなかったな。

    そのような状態になると、なんでもいいから相手に勝てるところを探すようになるのよ。

    そこでよく目を付けられるのが正義感や公平感ね。

    有名人のスキャンダルが報道されると、そんな権利も能力も無いくせに、裁こうとする人が大量発生するわ。

    一般人に強く劣等感を与える人のスキャンダルだと、にわか裁判官も数が増えてヒートアップするわね。

    ‥‥わたしも、そんなにわか裁判官になっていたのか?

    まぁその辺りは自己分析してみてね。
    決めつけはしないでおくわ。

    created by Rinker
    ¥990 (2024/05/19 00:25:34時点 Amazon調べ-詳細)

    まとめと対策

    アドラーの大切な言葉を、もう一度確認するわね。

    自分の価値を高める努力をせずに、他人の価値を下げることで、自分の価値を相対的に上げようとする。

    これを「価値低減傾向」という。

    うーん。
    わたしも陥っていたのかも‥‥

    魔理沙に限らず、これは誰でも陥りがちな心理なのよ。

    もちろん私もね。

    自覚できるかどうかで明らかに人生が変わるから、こんな心理もあるんだと知っておいた方が良いわ。

    見ず知らずの他人を攻撃して、価値を下げて、自分に近づいたような気分に浸る‥‥

    そうそう。自分を高めるのではなくて、相手を下げて近づこうとする。

    その時によく使われる武器が、正義感や公平感なんだな。

    たしかに、SNSでヒステリックに攻撃してる中身ってそんな感じだな。

    そうそう。それが行き過ぎると誹謗中傷になるのよ。

    こんなのは完全なる時間のムダよ。

    他人の足を引っ張っている間、自分は何も変化してないんだからね。

    気が済んだら、次なるターゲットを探す旅が始まるはずよ。

    大事なのは自分はどうなのかだよな。

    その通りね。他人の価値を下げてる暇があるなら、自分の価値を上げる時間に充てた方がいいわ。

    まぁ、そういう結論になるよな。

    自分磨きは置いておくとしても、他人を非難したくなったら、自己分析してみるべきだな。

    相手の足を引っ張ってでも、近づこうとしてないかどうか‥‥

    相手の為にも、自分の為にもな。

    嫌われる勇気の徹底解説

    created by Rinker
    ¥1,188 (2024/05/19 16:04:12時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥1,336 (2024/05/19 05:20:10時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    誠文堂新光社
    ¥1,980 (2024/05/19 05:20:11時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥1,538 (2024/05/19 05:20:11時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    ¥1,600 (2024/05/19 00:02:30時点 Amazon調べ-詳細)
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次